Test


プレスで

SoC のクロックドメイン数の増加で業績好調、フォーマル検証のReal Intentが次に狙うX値伝搬検証 2014/08/18


[51DAC] Real Intent, RTLリントツール「Ascent Lint」は500Mゲートのデザインを1時間以内でチェック 2014/06/30


日立金属、Ethernetスィッチ向けFPGAの設計にReal Intentの非同期検証ツールを適用 2014/06/25


NEC、通信用ICの設計検証にReal Intentのフォーマル検証ツールを適用 2013/11/14


リアルインテントの製品ファミリ
リアルインテントは2つの製品ファミリをご提供しています。Ascentはシミュレーションやシンセシスを行う前に早期機能検証を行う製品で、Meridianはシミュレーションやスタティック・タイミング解析では不可能であった最先端サインオフ検証をご提供します。

 

Real Intent Products Info

Ascent - 早期機能検証

Ascent Lintは、業界最速かつ最低ノイズのRTL lintソリューションです。Ascent Lintには、今日の複雑なシステム・オンチップ(SoC)デザインに対してシンタックスとセマンティックのチェックを行うスマートルールがあります。Ascent Lintは大規模容量、包括性、容易なデバッグを実現するという面で、業界でもユニークな製品になっています。

Ascent Implied Intent Verification (IIV) は、RTLで見つけづらいバグを自動的に検出する早期機能検証ツールです。Ascent IIVは、自動チェック・フォーミュレーションを使用して包括的な検証を行い、その後詳細に渡るシーケンシャル・フォーマル解析を実行します。Ascent IIVは、検証効率を大幅に向上し、テストベンチおよびシミュレーションに先立ってデザインの機能エラーを約50%検出することが可能です。

Ascent X-Verification System (XV) は、Verilog RTLでX伝播問題を早期に検出、分離します。 機能的なバグX(X-optimism)のマスキングと不要なX(X-pessimism)はシンセシスを行う前に、RTLで除去します。Ascent XV解析はRTLサインオフに先立って問題を検出することができ、検証コストを削減し、ネットリストレベルで単調かつエラーを生じやすいデバッグを回避します。

Meridian – 最先端サインオフ検証

Meridian CDCは、市場で最も高速、大容量かつ精密なCDCソリューションです。Meridian CDCは、ASICあるいはFPGAデバイス上で非同期クロックドメインを走査する信号を確実に受信できるように、包括的な構造的、機能的解析を行います。Meridian CDC は、100Mゲート以上のキャパシティを備えており、CDCの全ての面をサインオフする唯一のソリューションです。

Meridian Constraintsは、業界最高クラスの総合的な制約管理ソリューションです。Meridian Constraintは、インプリメンテーション・フロー中、それぞれの段階で使用されるタイミング制約に対して確実な信頼が持てるように、高性能制約検証、テンプレート生成、カバレッジ解析、等価性チェックおよびタイミング例外検証、などのソリューションを提供いたします。>

Meridian Physical CDCは、ネットリストでの完全なグリッチ検証(構造解析、フォーマル解析)を行なうことができる、業界唯一のCDC検証ツールです。 Meridian Physical CDC は 、大規模ASIC、FPGAに対応するために、500Mゲートを超える規模のネットリストの検証を可能にいたしました。 RTL用CDCサインオフツール、Meridian CDC と合わせてお使いいただくことで優れた統合CDC解析環境を提供いたします。 >